エリア探しのポイント

どこの土地に家を建てるかということは、どのエリアで暮らすのか、どの町で暮らすのかといったことです。まずは、大まかなエリアを絞っておくことが重要となります。エリアの希望をあらかじめ上げておくと見つけやすいでしょう。

しっかり把握!?エリアの特徴

同じ市町村であっても都市計画法に基づき用途地域が指定されているので、欲しい土地に建築可能な建物の種類が変わります。低層住居専用地域では、高さ制限があるために3階建て以上の建物が建築不可という例が少…

移動しやすい?通勤や通学時のアクセス

土地探しのポイントのひとつは最寄り駅、バス停がどこにあるかです。そこから通勤や通学時のルート、所要時間を調べましょう。通勤や通学は毎日のことなので、あまりにも不便だとストレスが溜まってしまいます。…

土地探しは費用対効果と安全性を意識して

土地探しを行う上で、費用対効果を意識する事は大事です。一方で土地の安全性を確認する事も大切であり、災害が起きにくい場所なら安心して店舗用や住居用に買えます。

日々の生活を考える!買い物施設や公共施設の位置

どんな生活をしたいか、想像してみよう

土地を探す際、つい資産価値や勤務先との距離関係などから目星をつけてはいないでしょうか。耳にしたことのある街だから、住みやすい街のランキングに入っていたからといった情報ばかりにとらわれてしまうと、実際に住んだ時のイメージがどんどん遠ざかってしまいます。住みたい土地のエリアがなかなか決められない、という場合は条件をいくつか挙げてみましょう。 生活の利便性を優先し都心や勤務先に近い場所にするのか、もしくは育児のために住みやすさや環境を重視し郊外にするのか、人それぞれ住環境に求める条件は異なります。そうした条件を挙げるだけでも、おのずとエリアは狭められてくるでしょう。まずは自分はどういった場所に住みたいのか、都心と郊外ならどちらが理想とする生活に近いのかという2択から始めてみてはいかがでしょうか。

実際の生活を想像しながら探そう

もし気に入った土地やエリアを見つけたら、まずそこでどういう暮らしをするか具体的に想像してみましょう。生活するには、周辺にどんな施設があるのか知っておく必要があります。特に、日常の買い物はどうするのかは重要です。帰りが遅い場合は、営業時間も押さえておかねばなりません。スーパーやコンビニだけ充実していても生活には不十分です。ホームセンターやドラッグストアなどの買い物施設はどれくらい充実しているのか、チェックしておきましょう。 休日に過ごせるショッピングセンターや公園、図書館などの公共施設、さらに子供がいる場合は保育園や小学校など福祉・教育施設も大切なポイントです。また、病院もチェックしておいた方が良いでしょう。周辺に内科、小児科、皮膚科、耳鼻科、眼科はそろっているか、総合病院はあるか、診察時間も合わせて確認しておくと安心です。どの施設に関しても、家からの交通手段とルートを検討しておきましょう。

土地のチェック項目

すべての土地が同じ状況というわけではありません。近くにある河川や山によって地盤の状況が異なるので、安全性もしっかりと確認しなければなりません。土地探しの際の土地の安全性を確かめるためのチェック項目を紹介します。

安全性を確認!地盤の状況

日本で発生しやすい災害として台風と地震があります。台風の中には大雨をもたらすものがありますし、地震だと津波が発生する可能性があるでしょう。これから土地を探すに当たっては将来的に安全に利用できるか考…

過去を遡ろう!浸水や土壌汚染の記録

住宅を建てるために土地探しを始めたい場合には、地価や土地の取得にかかる税金に関することはもちろん、安心して生活を送れる環境が整っているかどうか見極めをしましょう。たとえば、過去に浸水や土壌汚染など…

トラブル防止!境界線を確認

土地を探す場合、その土地の境界線が明確になっているかを必ずチェックしましょう。せっかく良い土地を手に入れても、境界線があいまいであったために、後々、隣とのトラブルになってはせっかくの大事な土地が台…