日々の生活を考える!買い物施設や公共施設の位置

どんな生活をしたいか、想像してみよう

土地を探す際、つい資産価値や勤務先との距離関係などから目星をつけてはいないでしょうか。耳にしたことのある街だから、住みやすい街のランキングに入っていたからといった情報ばかりにとらわれてしまうと、実際に住んだ時のイメージがどんどん遠ざかってしまいます。住みたい土地のエリアがなかなか決められない、という場合は条件をいくつか挙げてみましょう。

生活の利便性を優先し都心や勤務先に近い場所にするのか、もしくは育児のために住みやすさや環境を重視し郊外にするのか、人それぞれ住環境に求める条件は異なります。そうした条件を挙げるだけでも、おのずとエリアは狭められてくるでしょう。まずは自分はどういった場所に住みたいのか、都心と郊外ならどちらが理想とする生活に近いのかという2択から始めてみてはいかがでしょうか。

実際の生活を想像しながら探そう

もし気に入った土地やエリアを見つけたら、まずそこでどういう暮らしをするか具体的に想像してみましょう。生活するには、周辺にどんな施設があるのか知っておく必要があります。特に、日常の買い物はどうするのかは重要です。帰りが遅い場合は、営業時間も押さえておかねばなりません。スーパーやコンビニだけ充実していても生活には不十分です。ホームセンターやドラッグストアなどの買い物施設はどれくらい充実しているのか、チェックしておきましょう。

休日に過ごせるショッピングセンターや公園、図書館などの公共施設、さらに子供がいる場合は保育園や小学校など福祉・教育施設も大切なポイントです。また、病院もチェックしておいた方が良いでしょう。周辺に内科、小児科、皮膚科、耳鼻科、眼科はそろっているか、総合病院はあるか、診察時間も合わせて確認しておくと安心です。どの施設に関しても、家からの交通手段とルートを検討しておきましょう。